これは買うXL

fea_p.jpg●microKORG XL

・・てかもうツボをヒットしまくりですね。財布開くしかないな、つぅか。
いや、もう楽器としてガジェットとして素晴らしすぎると思う。12月中旬から発売するらしいんですが正式な日程教えてくださいその日のうちに買いに走るから。
 マイコルの上位機種って立ち位置のようで、8ボイスでピアノやエレピのPCMもELECTRIBE・MX/RADIAS系のブリブリ感のあるモデリングもかなり面白い音もこなせるみたい。鍵盤のタッチも感触良さそう。その代わりサイズがそれなりに大きくはなっています。乾電池駆動も可。 今後限定モデルで白ボディとか出るんじゃないかな。

Advertisements

サンプルプレイバックも可能になったNordElectro3

ne3.jpg●NordElectro3 (CLAVIA DMI)

NordElectroの3が発表されました。オルガン/ピアノ/エフェクトの基本部分が大幅に刷新されたのに加え、NordWaveのサンプルプレイバック部の移植による、メロトロン等の演奏が可能になったり、「弾き語り用バックトラック」が再生可能になるMP3/CDインプットの追加(素晴らしくコンフォタブルな発想!)など。
 より操作が分かりやすくなったパネルデザインも素晴らしい。ただ全体のデザインはちょっとソリッドな感じになっちゃったかな?

Continue reading

iPodレコーダー化の真打「ProTrack」発表

protrak1.jpg●Alesis ProTrack
●XY型マイクを搭載したiPod用モバイルレコーダ「ProTrack」12月中旬発売(マイコミジャーナル)

iPodをレコーダー化するマイク等は既に幾つも発表済みだけど、これは真打ちになるかもね、な製品が発表されました。
 ADATなどプロオーディオ業界で名高いAlesisがiPod classic(第5、6世代モデル対応)とiPod nano(第2、3世代モデル対応)用モバイルステレオ・レコーダ「ProTrack」を発表しました。発売は12月中旬。

Continue reading

伝説のソフトシンセベンダー「Koblo」は今も健在

koblo_beta.png●Vibra3000 (Koblo)

PCベースのDAWが実用段階に入った2000年頃、ソフトウェアシンセの先駆けとなった「Tokyo」をリリースしていた頃のKobloを覚えている人は、今はもう少ないのかも知れないけど、その頃は、なにかとてつも無い未来が待ち受けているような予感でスゴイワクワク感があったっけ。

Continue reading

KORGが新WS「M50」発表

m50.jpg●KORG M50

いつの間にリリース出てたんでしょうか?
KORG M50はM3の流れを汲むワークステーションシンセで、名機M1へのオマージュを感じさせるデザインを細部に取り入れつつもパネルを傾斜させたようなユニークなデザイン。
 機能的にはM3の基本部分を継承しサンプラーやKARMAを除いた感じ。61鍵モデルで6.8kgとライブでの可搬性が考えられた軽量さです。新設計されたというセミウェイテッド鍵盤のタッチにも期待したところ。(個人的にはM3の鍵盤のタッチにはかなりガッカリさせられたので・・)バンドやってる人のキーボードには凄くいいと思う。後はネダンかな?
同時にM3もXPandedにリプレイスされたようです。こちらはピアノ音色の充実やシーケンサー・タッチビュー等の使い勝手を向上させた模様。

「ボコーダー」ことAutoTunes新ver.発表

autotuneevo.jpg
Auto-Tune Evo

「本来的な意味のボコーダーとは違うけど、もう"ボコーダー"って呼び名でいいっしょ?」と中田ヤスタカ氏も軽く言い放ってる(らしい)、ピッチ補正系ソフトの雄Antares AutoTuneが新バージョンを発表。
 コアエンジンの刷新によって、微細な声質調整やリアルタイム性能が上がった模様。
 OS X版が出てるのはついぞ知りませんでした。・・・ずっと無視してきたけど、そろそろ入れてみようかな?

大人の科学:二匹目

otokaga_synth.jpg●シンセサイザークロニクル(大人の科学.net)

テルミンで空前の大ヒットを記録した「大人の科学」が、二匹目のドジョウを狙いに来たのかどうかは分かりませんが今度はアナログシンセサイザーです。
 さすがにいつもの号と同じ価格では出来なかったみたいで「特別編集版」扱いですが、それでも3,200円ですからね。スノッブぶって(今妙に高かったりする)スタイロフォンとか買うよりはよっぽどマシかも。
 1オシレータ・ADタイプエンベロープ1基・波形2種から選択のLFOとフィルターが1基ずつ、レゾナンスはオンオフのみというかなり”単なる発信器”という構成ですがスティックをスライダーに滑らせて演奏させるスタイルはマニア受けするんじゃないでしょうか。更にはテルミンも接続して楽しめる外部入力端子付き。