「日本のメディアアート」Web企画展スタート

mediaart2008.jpg●日本のメディア芸術(文化庁メディア芸術プラザ)
●vol,1「感覚と感性」

CG-ARTS協会主催企画のWEB上企画展。全5回シリーズでその第一回目が公開。
2回目以降は
「共有と広がり」「音と装置」「表現と余白」「夢と技術」といったテーマで展開されていくそうです。

RecycleでもRemixでもないなにか

100_Chairs_in_100Days.jpg100 Chairs in 100 Days and its 100 WaysMartino Gamper
Thinkables(Anu Tuominen) *ともにユトレヒトより

RecycleでもRemixでもないし「レディメイドアート」とか「脱構築」とかそんな古めかしいいかめしい概念ももう届かない地点で"Re…."を考え実践しているアート本2連発。 100 Chairs〜は「機能に対しての”あるべきかたちから一旦自由になってみせるMartino Gamperの精神の軽やかさを、ThinkablesのほうはAnu Tuominen(参考リンク 1 2 )の洞察と直感の鋭さを感じる。

音楽におけるElectronicaとかとの同時代性を感じる、すごく好感の持てる表現です。

life is water,water is sexy

CD2_06_B.jpg水の波紋を執拗なまでにニュートラルに細密に描写し続けることにこだわるLorraaine Shemeshのポートフォリオサイト。
bitの時代のリアリティと水の持つ根源的セクシャリティの魅力に憑かれながら絵筆が疾走してる感じにとても惹かれる。どっぷり視覚的に浸かってしまいたいなこれ。ハマってしまいたいカラフルでオーガニックな衝動に満ち溢れたタブロー。流体力学の連続の”生”の中での波紋の疾走、そしてその瞬間のsamplingの美学。

自分だけの「モンドリアン模様」を生成 “My Mondrian”

mymondrian.jpg正式なサイト名は"My Data My Mondrian"。年齢や髪の色等幾つかの設問に答えていくと、自分だけの「モンドリアンパターン」を生成してくれるサイト。←が自分の生成結果でス。・・・もうちょと色とか線とか華やかな感じのほうが好きなんだけどなぁ・・・これだとブロウドウェイでブギウギィよりもむしろ和風モダーンな感じに近い気が。ワビサビブギ。
 コンテンポラリー/テクノロジーアートコミュニティ(?)サイトであるRhizome.orgの中の1コンテンツとして製作されたもののようです。Rhizome.orgも読み込んでいけばかなり面白そうです。

via another bookmark